もちっとメモ

もちっとメモ

管理人のホームページで書ききれていない調べ物のメモページです

画面キャプチャソフト(動画)を探してみた

なにか説明用の動画とかゲームのプレイ動画を録画しようと思ったときに画面キャプチャしたいなと思い画面キャプチャ(動画ソフト)を探していたところ友人からこんなソフトを紹介されました.

AG-Webカメラレコーダー ダウンロードページ

最大の特徴はリアルタイムエンコードができるところ.
普通,画面キャプチャソフトを使うと,録画が終わった後,延々エンコード処理が続いて出力ができないなんてことがあるみたいです.でも,このソフトは,リアルタイムでエンコード処理しながら録画してくれるので,録画終了ボタンを押すと数秒で出力してくれます.これは便利.
詳しい使い方はほかの方々のサイトをご覧になってください.(いつも投げっぱなしですね...)私がよく使う機能は録画範囲の指定とかです.
ちょっと厄介なところが,デフォルトの設定だとagm形式で保存することになります.Macはわかりませんが,Windowsはagm形式の動画はデフォルトのプレイヤーで再生できないはず.

でも,うっかりagm形式で保存してしまったときはこちらのサイトでmp4等の形式への変換方法が紹介されています.

mamenote.net

Aviutlで動画編集をやってみた~入門編~

※本記事は下記の記事の続きとなっております.AviUtlを導入していないという方は初めに下記記事を参照ください.

t-n-clark.hatenadiary.jp

また,本記事では拡張編集プラグインを導入済みという前提で書かれております.

導入が完了したので早速編集してみたいと思います.
今回もこちらのサイトにお世話になりました.

aviutl.info

  1. AviUtlを起動します.
  2. [設定]タブの[拡張編集の設定]からタイムラインを表示させます.
  3. 編集したいファイルをタイムラインにドラック・アンド・ドロップします.
  4. タイムライン上で右クリックするとテロップなどの挿入ができます.
    ・テロップであれば,[メディアオブジェクトの追加]ー[テキスト]で挿入できます.編集するにはタイムライン上で追加したテキストをダブルクリックすることで編集画面が表示されます.
    ・図形の場合も同様に,[メディアオブジェクトの追加]-[図形]から挿入できます.デフォルトでない図形を使いたいときは[ファイルから選択]で画像ファイル(.pngファイルなど)を使うこともできます.よく使う画像は「aviutl.exe」が入っているフォルダ内に「figure」というフォルダを作っておいてその中に画像を入れておくとプルダウンメニューから選択できるようになります.

再生ボタンがないという場合には,
[ファイル]ー[環境設定]ー[システムの設定]
から[再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する]にチェックを入れてください.チェック後AviUtlを再起動するとメイン画面に再生ボタンが追加されます.再起動しないと表示されませんのでご注意を.f:id:T-N-Clark:20170307185003p:plain

タイムラインの使い方については,こちらのサイトで丁寧に説明されています.
aviutl.info

ホームページにブログ等を埋め込みたい~その2~

以前,

t-n-clark.hatenadiary.jp

でホームページにブログの更新情報を表示させる方法を紹介しました.
私のホームページでもこの方法を採っていたのですが,最近表示されていことが度々あって調子悪いのかな,そのうち元に戻るのかなと思っていました.
しかし,調べてみると,なんとGoogle Feed APIが使えなくなっていた.

website-fun.com

zrssfeedもGoogle Feed APIをしているみたいなのでダメ.

appredmi.hateblo.jp

PHPWordPressが使えるなら苦労しないのかもしれませんが,いかんせんHTML縛りの私にとってはこれは使いたくても使えない.
そんな矢先に見つけたのが,
Yahoo! Japan の爆速YQL
というサービス.特徴としては,
・無料(登録も不要)
・サーバーサイドのプログラムが不要
・ちょっと昔のブラウザでも動作する
の3拍子そろったサービスのようです.
外部サイトのRSSも表示可能.(クロスリファレンスというのでしょうか?)
使い方も簡単で,基本はこちらのサイトを参考にさせていただきました.

techblog.yahoo.co.jp

こちらを参考にして作ったソースがこちら.


            <script src="https://i.yimg.jp/images/yjdn/js/bakusoku-yql-v1-min.js"
                data-url="http://t-n-clark.hatenadiary.jp/feed">
                <ul>
                    {{#query.results.entry}}
                    <li>
                        {{published}}<br>
                        <a href="{{link.0.href}}" target="_blank">{{title}}</a>
                    </li>
                    {{/query.results.entry}}
                </ul>
            </script>

これをHTMLの表示させたい位置に書きます.基本的にはbodyに書くと思います.
ちょっとだけ解説をすると

data-url="http://t-n-clark.hatenadiary.jp/feed"

の中身をいじれば別のURLも使えます.ちなみに上記のURLはこのブログの更新情報です.

{{published}}

の部分が日付の表示です.

target="_blank"

は新しいタブで表示させるためのコードのなので,不要なら削っても大丈夫です.

このままでは,日付が日本語表示にならないので,そこの部分を編集します.
以下のサイトを参考にしました.

www.gesource.jp

実際に作った日付表示変更後のソースコードがこちら.


            <script>
                function filterRSS(data) {
                    for (var i = 0; i < data.query.results.entry.length; ++i) {
                        var date = new Date(data.query.results.entry[i].published);
                        data.query.results.entry[i].published = date.getFullYear() + '年' + (date.getMonth() + 1) + '月' + date.getDate() + '日';
                    }
                    return data;
                }
            </script>
            <script src="https://i.yimg.jp/images/yjdn/js/bakusoku-yql-v1-min.js"
                data-url="http://t-n-clark.hatenadiary.jp/feed"
                data-filter="filterRSS">
                <ul>
                    {{#query.results.entry}}
                    <li>
                        {{published}}<br>
                        <a href="{{link.0.href}}" target="_blank">{{title}}</a>
                    </li>
                    {{/query.results.entry}}
                </ul>
            </script>

新しく表示形式変更の関数を作って,先ほどのソースに

data-filter="filterRSS"

が追加されています.ここで,関数を呼び出しています.

基本的にこれでOKなのですが,これだと記事がすべて表示されてしまう.表示件数の指定を指定したいということでさらに変更.


            <script>
                function filterRSS(data) {
                    for (var i = 0; i < data.query.results.entry.length; ++i) {
                        var date = new Date(data.query.results.entry[i].published);
                        data.query.results.entry[i].published = date.getFullYear() + '年' + (date.getMonth() + 1) + '月' + date.getDate() + '日';
                    }
                    return data;
                }
            </script>
            <script src="https://i.yimg.jp/images/yjdn/js/bakusoku-yql-v1-min.js"
                data-yql="select * from feed (0, 3) where url='http://t-n-clark.hatenadiary.jp/feed'" data-filter="filterRSS">
                <ul>
                    {{#query.results.entry}}
                    <li>
                        {{published}}<br>
                        <a href="{{link.0.href}}" target="_blank">{{title}}</a>
                    </li>
                    {{/query.results.entry}}
                </ul>
            </script>

さきほどまで

data-url=""

だった部分が

data-yql=""

に変わっています. 表示件数の指定はこの後の

feed (0, 3)

で指定しています.例えば,上のコードでは最新3件を表示させます.
実際にこれを使って書き直したホームページがこちら.

clarkphys.html.xdomain.jp

f:id:T-N-Clark:20170302180302p:plain

これでようやく原状復帰できました.半日かかった.
を変更すれば基本的には任意のURLで使用可能なはず.
もし参考になれば幸いです.


feed (0,3)とかの使い方参考サイト.

qiita.com

HTMLにシンタックスハイライトを付ける~その2~

以前,
HTMLにTexのシンタックスハイライトを付けてみた - もちっとメモ
でHTMLにソースコードっぽくシンタックスハイライトを付ける方法を紹介しましたが,もっとお手軽にできる方法を友人に教わりましたので,第2段としてご紹介いたします.

その名もhighlight.jsです.
使い方は簡単で,JSをダウンロードしてヘッダーに書き込むだけ.
ネットに接続できる場合は,URLを書けばダウンロードする必要すらなし.
さっそく,このはてなブログにも導入してみました.
例えばこんな感じになります.

    
     #include <iostream>
     using namespace std;
     int main()
    {
     cout << "hello" << endl;
    }
    

色がうまくつかないときはリロードしてみてください.
詳しい使い方はこちらのサイトで紹介されています.
ぜひお試しあれ.

qiita.com

 

現在時刻をフォルダ名にするシェルスクリプト

シミュレーションなどで取ったデータをそのトライアルごとに同じフォルダに入れて管理したいということがしばしばありました.
よくあるのは,日付をフォルダ名にするパターンですが,日付だけだと同じ日に取ったデータでフォルダー名がかぶってしまう.
そこで,現在時刻をもとにフォルダ名を生成してくれるシェルスクリプトを書きました.といっても,ネット上探せば同じようなものがたくさん見つかると思います.あくまで個人的な備忘録ということで.
以下がそのソースコードです.

    
        #!/bin/sh
        DATE = `date '+%Y-%m-%d'`
        TIME = `date '+H.%M.%S'`
        FILENAME = "${DATE}_${TIME}"
        mkdir ${FILENAME}
    

これを「mkdir_today.sh」とかいう名前で保存して,ターミナルで実行すれば現在時刻が名前のフォルダが生成できます.
例えば,2017/02/12 12:00:00であれば「2017-02-20_12.00.00」という名前のフォルダが生成されます.