もちっとメモ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちっとメモ

管理人のホームページで書ききれていない調べ物のメモページです

ようやっとGitHubでバージョン管理を始めた

お恥ずかしながら,ようやくホームページのバージョン管理を始めることにしました.

ということで,本日紹介するのはGitHubです.

そもそもGitって?という方はこちらを見ると分かりやすいかも.

www.backlog.jp

 

employment.en-japan.com

 

導入に際して参考にしたページはこちら

utano.jp

techacademy.jp

nopipi.hatenablog.com

qiita.com

www.sejuku.net

登録メールアドレスは大学のメールアドレスを使うと,無料で5個までプライベートのリポジトリを作れるみたい.(基本的に無料だとパブリックしか作れない)
無料でもっとたくさんほしいときは類似サービスを使ってみてください.

bitwave.showcase-tv.com

この手のことに詳しい友人に聞いたところおすすめされたのは,bitbacketでした.使い方がGitHubとほぼ同じで楽でした.
うまくいかないときは,URLとパスワードの入力ミスを疑いましょう.それに気づかず1時間くらい潰しました.
翌日,別のPCから同じアカウントで入ろうとしたらうまくはいれない.たぶん,上のような入力ミスもないはず…
最近のバージョンではHTTPS通信はなんかgithubのパスワードを入力してもうまくいかないことがあるみたい.どうやらアクセストークンをパスワードに使う必要があるらしい.

nanase.hatenablog.jp

ということで,ssh接続に変更しました.ssh-agentでパスワードを省略するために.branchをいじって初回のみパスワードを入力に仕様変更.

qiita.com

h2plus.biz

以降は基本的に次の手続きを行えばよい.
1.git pull
2.git add filename
3.git commit #commitファイル入力画面が起動
4.git commit -m "commitファイル名" #commitファイルを省略するときは3.は省略
5.git push -u origin master

qiita.com

ホームページのデータをGitHubで管理する際は,ソースファイルはGitHubで管理して,htmlなどを置く公開用の本サーバーには完成版のhtmlファイルをローカルからFTP送信すると切り分けるのが賢そう.(middlemanとかでソースとビルドファイルを分けているときは特にね)

※おまけ1:出会ったエラー
例えば

$ git push -u origin master
To https://github.com/ore0/sample.git
 ! [rejected]        master -> master (fetch first)
error: failed to push some refs to 'https://github.com/ore0/sample.git'
hint: Updates were rejected because the remote contains work that you do
hint: not have locally. This is usually caused by another repository pushing
hint: to the same ref. You may want to first integrate the remote changes
hint: (e.g., 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.

というエラーが出たときはpullをしてください.
原因は,リモートレポジトリの変更をローカルに反映させてないことでアラートが出ているためらしい.

※おまけ2:Gitに触ってほしくないファイルがある時
.gitignoreを作るとよい

qiita.com