もちっとメモ

もちっとメモ

管理人のホームページで書ききれていない調べ物のメモページです

Bootstrap使ってみた

※注意※Bootstrepのバージョンによってはない機能もあるようです.各サイトを利用するときはバージョンのご確認を.まあ,究極的にはCSSソースを見ればいいのでしょうが.

  • 導入

getbootstrap.com

techacademy.jp

  • グリッドシステム・レスポンシブデザイン

qiita.com

websae.net

qiita.com

  • テーブル

www.atmarkit.co.jp

  • ボタン

webnetamemo.com

Markdownでホームページが書きたくて

最近、導入してみたタグの記事ばかり上げて節操ないですね。でも、導入してみたはいいが、使い勝手やニーズが合わなくてやめることはままあると思います。下調べが足りないと言われればそれまでですが…でも、それくらい気軽に新しい技術に触れられる世の中で私は幸せです。

前口上はこれくらいにして早速今回導入してみたのはHugoです。

詳細は詳しいサイトがいくらでもあるのでそちらを参照ください。ここでは、公開や管理すら無視した最低限のことだけ書いておきます。

  1. 公式からダウンロードする
    Windowsの方
    Hugo の使い方 - knooto

    MacLinuxの方qiita.com

  2. パスを通す
    先ほどダウンロードしてきたファイルを展開するとhugo.exeファイルがあるはずあので,それをコマンドプロンプトやターミナルから呼び出せるようにパスを通します.
  3. コマンドプロンプトを開く
  4. HTMLのソースを置きたいフォルダまで移動する
    cdで移動するだけです.
  5. コマンドプロンプトなどで
    hugo new site [フォルダ名]
    を実行する.
    フォルダ名はなんでもいいです.適当に"HOMEPAGE"とかでいいです.なければその名前のフォルダが作られます.ここでHugoのテーマを入れろとか言われますが,入れなくても動きます.テーマを入れる際はライセンスにお気を付けください.多くがMITライセンスだと思います.

    wisdommingle.com

  6. テンプレートとなる側となるHTMLを書く

    6~8は以下のサイト様をご参照ください.
    Hugoでwebサイト構築(1) レイアウトことはじめ | Watanabe-DENKI Inc. 渡辺電気株式会社

  7. 記事のレイアウトを作る
  8. コンテンツを書く
    マークダウン(md)で先ほどのテンプレートに埋め込む内容を書きます.
  9. コマンドプロンプトなどで
    hugo
    を実行する.
    これで6,7でつくったファイルをindex.htmlへとコンパイルします.コンパイルされたものはpublicフォルダに生成されます.mdで書いたものはその名前のフォルダの中に作られます.例えば"test.md"としたならば「public->test」にindex.htmlがあるはずです.
  10. コマンドプロンプトなどで
    hugo server
    を実行する.
    ローカルサーバーを立ち上げて表示します.適当にIEChromeなどのブラウザを起動して表示されたURLを打ち込こめば見えます.基本的には
    http://localhost:1313/
    になるのではないでしょうか.あくまでローカルサーバーなので,ウェブ上に公開されたわけではありません.ここで表示されるのはpublic直下にあるindex.htmlです.
    http://localhost:1313/test/
    とすればtest.mdから生成されたindex.htmlを表示できます.ちなみに直接htmlファイル名をしていしないでフォルダ名をしていしたときは,そのフォルダ内のindex.htmlという名前のフォルダがデフォルトでは表示されます.
    http://localhost:1313/test/hoge.html
    としておけば,index.html以外のhtmlファイルにもアクセスできます.

とりあえずこれで動きます。

あとはヘッダー、フッターをつけたり、でページを増やしたり、markdownの書き方を覚えたりすればよいのではないのでしょうか。次回辺りに体裁を整えるためにBootstrapを使う話をつけようと思います。

その他参考ページ

https://www-he.scphys.kyoto-u.ac.jp/member/shotakaha/dokuwiki/doku.php?id=toolbox:hugo:start

【C++】グループ開発のためにコメントを残すことにした

  • コメント・ドキュメントのお話

ソースコードからドキュメントをDoxygenで生成する

Doxygen 向け C/C++ ファイルのコメントテンプレート - l1o0の日記

qiita.com

www.slideshare.net

  • ドローイングツール

qiita.com

plantuml.com

dev.classmethod.jp

dev.classmethod.jp

 

PythonでGUIアプリ作りたくなったので、Kivyを入れてみた

最近、私的にも仕事でもpythonを使う機会が増えてきました。ちょうど、qiitaの方でありがた過ぎる記事に出会ったこともあって、この機にpythonGUIアプリケーションを作ってみようと思いました。

qiita.com

この中で紹介されていたGUIアプリケーション作成環境はKivyというものでした。

Kivy - Wikipedia

というわけで早速インストールを試みました。今回はこれらのサイト様のお力を借りてインストールしました。

Kivy 超入門(1):インストールからHello, World! まで

qiita.com

私は、pythonはanaconda経由で3.6をすでにインストール済みだったので、kivyとその関連ライブラリーのインストールからはじめました。公式に書いてある通り、

python -m pip install --upgrade pip wheel setuptools

でインストールを試みたのですが、いきなりコケました。なぜかオンラインでsetuptoolsがインストールできませんでした。仕方ないので、ブラウザからダウンロードしてきて

pypi.python.org

オフラインインストールをしました。やり方は単純で、

  1. pipが使えるコンソール(windowsでanacondaを入れているならAnacondaのプロンプト、macならterminal)を開いて、ダウンロードしてきた「setuptools-38.2.1-py2.py3-none-any.whl」などの名前のファイルと同じディレクトリに移動します。
  2. 移動先で
    pip install setuptools-38.2.1-py2.py3-none-any.whl
    を実行します。

基本的にはこの2ステップだけで入るはずです。色々メッセージが出て、最後に

Successfully installed setuptools-38.2.1

などの成功メッセージが出れば成功です。

次にdocutilsとpygmentsとpypiwin32とsdl2とglewをインストールします。

python -m pip install docutils pygments pypiwin32 kivy.deps.sdl2 kivy.deps.glew

ここでも何かのインストールで失敗しました。人によってはなくてもいいライブラリもあるので今回は無視。必要があれば、何がないのかわかった時点で再インストールすることにします。ライブラリの詳細は公式を参考にどうぞ。

Installation on Windows(翻訳済み) — Kivy 1.10.0 ドキュメント

Simple DirectMedia Layer - SDL version 2.0.7 (stable)

次に、映像や音声系のライブラリgstreamerのインストール。

python -m pip install kivy.deps.gstreamer

今回は3.6なのでangleは飛ばします。最後にKivyについてもインストール。

python -m pip install kivy

実行して

Successfully installed Kivy-Garden-0.1.4 kivy-1.10.0

などのメッセージが出れば成功です。具体的にどれか必須かはわかりませんが、上述のどれかがないとKivyのインストールに失敗します。私の場合は、setuptoolsがないせいでした。メッセージがいっぱい出て面食らうかもしれませんが、だいたい最後に出るメッセージを読めば、何に失敗したかくらいはわかります。私の場合は、を実行したら、

Could not import setuptools which is required to install from a source distribution.
Please install setuptools

などと出ました。これを見れば、「あぁ、setuptoolsがないから怒られているのね」ということぐらいはわかるかと思います。ないものがわかったら、pipでインストールを試みる、オンラインインストールに失敗したら、ブラウザ経由でダウンロードしてオフラインでインストールする。これで大半は解決できると思います。ちなみにmacの私は、Kivyはインストールできたのですが、サンプルコードを実行したら、pygameがないと怒られました。さらにpygameのインストールにはsdlがいるのでこれから先にインストール。

qiita.com

無事、sdlpygameの順で無事インストール成功。pygameをオフラインインストールするならこちらを参考にすれば落とせます。

gamepro.blog.jp

Kivy 超入門(1):インストールからHello, World! まで

に習って


from kivy.app import App
from kivy.uix.label import Label
 
class IntroKivy(App):
    def build(self):
        return Label(text="Hello, World!")
 
if __name__ == "__main__":
    IntroKivy().run()

を実行すると、コンソール上はなんかまだエラーを吐いている気もしましたが、とりあえず"Hellow World"の画面が表示されました。やったね。

f:id:T-N-Clark:20171128004402p:plain

これからもう少し遊んで、冒頭の教科書に習って簡単なアプリを作ってみようと思います。長文、駄文ではありますが、ご参考になれば幸いです。ではまた。

〜参考〜冒頭の教科書以外でKivy基本文法を学ぶときに参考になりそうなサイト様

qiita.com

qiita.com

Anacondaのライブラリとの連携

laughingman-log.blogspot.jp

またもやシンタックスハイライトを調べてみた

t-n-clark.hatenadiary.jp

t-n-clark.hatenadiary.jp

に続き、また不意に調べたくなったので調べてみました。

シンタックスハイライトとはホームページとかブログにソースコードを書くときに、テキストエディタっぽい見せ方ができるものです。

今回調べたのはこちらです。

Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

インストール方法はこちらのサイト様が大変参考になります。

blog.s-giken.net

オートローダーで使えるので、手軽ですし、はてブのようなヘッダーをいじれるブログでも使えるのが魅力です。興味を持った方はお試しあれ。