もちっとメモ

もちっとメモ

管理人のホームページで書ききれていない調べ物のメモページです

Markdownでホームページが書きたくて

最近、導入してみたタグの記事ばかり上げて節操ないですね。でも、導入してみたはいいが、使い勝手やニーズが合わなくてやめることはままあると思います。下調べが足りないと言われればそれまでですが…でも、それくらい気軽に新しい技術に触れられる世の中で私は幸せです。

前口上はこれくらいにして早速今回導入してみたのはHugoです。

詳細は詳しいサイトがいくらでもあるのでそちらを参照ください。ここでは、公開や管理すら無視した最低限のことだけ書いておきます。

  1. 公式からダウンロードする
    Windowsの方
    Hugo の使い方 - knooto

    MacLinuxの方qiita.com

  2. パスを通す
    先ほどダウンロードしてきたファイルを展開するとhugo.exeファイルがあるはずあので,それをコマンドプロンプトやターミナルから呼び出せるようにパスを通します.
  3. コマンドプロンプトを開く
  4. HTMLのソースを置きたいフォルダまで移動する
    cdで移動するだけです.
  5. コマンドプロンプトなどで
    hugo new site [フォルダ名]
    を実行する.
    フォルダ名はなんでもいいです.適当に"HOMEPAGE"とかでいいです.なければその名前のフォルダが作られます.ここでHugoのテーマを入れろとか言われますが,入れなくても動きます.テーマを入れる際はライセンスにお気を付けください.多くがMITライセンスだと思います.

    wisdommingle.com

  6. テンプレートとなる側となるHTMLを書く

    6~8は以下のサイト様をご参照ください.
    Hugoでwebサイト構築(1) レイアウトことはじめ | Watanabe-DENKI Inc. 渡辺電気株式会社

  7. 記事のレイアウトを作る
  8. コンテンツを書く
    マークダウン(md)で先ほどのテンプレートに埋め込む内容を書きます.
  9. コマンドプロンプトなどで
    hugo
    を実行する.
    これで6,7でつくったファイルをindex.htmlへとコンパイルします.コンパイルされたものはpublicフォルダに生成されます.mdで書いたものはその名前のフォルダの中に作られます.例えば"test.md"としたならば「public->test」にindex.htmlがあるはずです.
  10. コマンドプロンプトなどで
    hugo server
    を実行する.
    ローカルサーバーを立ち上げて表示します.適当にIEChromeなどのブラウザを起動して表示されたURLを打ち込こめば見えます.基本的には
    http://localhost:1313/
    になるのではないでしょうか.あくまでローカルサーバーなので,ウェブ上に公開されたわけではありません.ここで表示されるのはpublic直下にあるindex.htmlです.
    http://localhost:1313/test/
    とすればtest.mdから生成されたindex.htmlを表示できます.ちなみに直接htmlファイル名をしていしないでフォルダ名をしていしたときは,そのフォルダ内のindex.htmlという名前のフォルダがデフォルトでは表示されます.
    http://localhost:1313/test/hoge.html
    としておけば,index.html以外のhtmlファイルにもアクセスできます.

とりあえずこれで動きます。

あとはヘッダー、フッターをつけたり、でページを増やしたり、markdownの書き方を覚えたりすればよいのではないのでしょうか。次回辺りに体裁を整えるためにBootstrapを使う話をつけようと思います。

その他参考ページ

https://www-he.scphys.kyoto-u.ac.jp/member/shotakaha/dokuwiki/doku.php?id=toolbox:hugo:start